OFFTAMA

ゆるふわアウトドアとか舞台訪問とか

top

大洗で冬の味覚を堪能してきた Part2 (@茨城県大洗町、 茨城県大子町)

_DSC2128

冬の大洗で美味しいものを食べる旅行:二日目が始まりました。

この日はまず水戸でレンタカーを借り、劇場版に登場した茨城県大子町にある旧上岡小学校に向かいます。その後は水戸まで戻って少し遅めの昼食(ガルパンかつ)をとり、最後に大洗シーサイドステーションをぶらぶらした後に潮騒の湯に入って終了という流れです。

※三泊四日の行程のため記事を3つに分割しています。Part2では二日目終了時までをまとめています。Part1については以下の記事をご覧ください。

神磯の鳥居で朝日を拝む

神磯の鳥居は素敵な星空や朝日が見られるスポットとして有名です。

今朝は晴れるとの予報だったので早起きして朝日を拝むことにしました。日の出の時間は6時30頃でしたが、シーサイドホテルから神磯の鳥居までは徒歩30秒くらいなのですぐ見に行くことができます。

神磯の鳥居に到着すると、カメラを構えている方々がずらり。ほとんどが防波堤の後ろ側で朝日を待っていますが、数人は海岸に降りています。ここ神磯の鳥居では最近死亡事故も多発しており鳥居付近まで近寄るのはかなり危険です…。 _DSC1863 太陽が頭を出す寸前の、青とオレンジが混じったグラデーションがたまらなく綺麗です。期待したととおり雲もなく、美しい空を眺めることができました。 _DSC1884 日の出と同時に待機していた方々が一斉にシャッターを押していました。鳥居の中に太陽が入り込む場所で撮影してみました。 _DSC1892 朝だからなのかかなり気温が低い。その分空気が澄んでいるような気がします。

大洗に行かれる際はぜひ神磯の鳥居で日の出を眺めてみてはいかがでしょうか。早起きする価値は十分にありますよ~。

日の出を見終わったので朝風呂に出かけました。皆さん考えることは同じで、お風呂の中から日の出を見ている方も多かったです。 _DSC1937 お風呂から部屋に戻る時に必ず目に入るのがこの学園艦教育局役人。役人のイラストがあるのは今回探した限りではガルパンギャラリーとここくらいでした。 _DSC2271 そしてサインとぬいぐるみがたくさん。ガルパングッズも売っています。

朝食

シーサイドホテルの朝食は7時30分から9時までの間にとることになっています。夕食は宿泊している部屋で頂く方式なのですが、朝食は二階にある食堂でとります。ホテルなのでバイキング方式かと思っていましたが、旅館で食べるような和食でした。

_DSC1942 こういう朝食ってなんでこんなに美味しいんだろう?といつも思います。 _DSC1943 並んでいるおかずの力が強すぎて全然ご飯が足りない。結果、何度もご飯のおかわりをすることになりました。

戦車ケーキと紅茶

朝食が豪華すぎて結果的にかなりお腹いっぱいになりました。部屋に戻って、出発前に昨晩冷蔵庫に入れておいた戦車ケーキをいただきます。

_DSC1946 この戦車ケーキがもう絶品でね…!見るからに美味しそうでしょ?それ以上に美味しかったです。特に一番下のスポンジ部分、ここがとてつもなく甘い。私は甘いものに目がないのですが、このケーキは本当に最高でした。口の中が幸せでいっぱい。今回大洗にきてよかった…! _DSC2267 ガルパンプランだけだと思いますが、特典として三種類の紅茶がついてきます。ちゃんとメッセージもあって面白い。 _DSC1949 せっかくなので紅茶と一緒にケーキをいただきました。やっぱりケーキには紅茶だよね。

旧上岡小学校までドライブ

準備を済ませてホテルの車で大洗駅まで送ってもらいました。今日はレンタカーで旧上岡小学校まで行くことになりますが、最寄りのレンタカーサービスの場所が水戸なので、まずはそこまで電車で移動します。

_DSC1956 _DSC1957 _DSC1960 ちょうどガルパンラッピング電車のIV号車が停車中。このあと別の列車が先頭に接続されたので、IV号車の頭部分?は隠れてしまいました。 _DSC1962 最終章で登場するBC自由学園やサメさんチームのキャラがいますね。最終章公開と同時にラッピング電車も稼働しはじめたのかな。対応が早くて凄いです。 _DSC1964 _DSC1978 IV号車に乗るのかと思ってたらそうではなく、あとから来た2号車に乗るようです。

レンタカーゲット。

水戸中心部から旧上岡小学校までは、特に急ぐこともなく普通に運転して90分くらいかかります。道もほぼ一本道なのでひらすら直進してれば到着します。去年の夏に訪れた際には電車で行こうとしていましたが、本数が少なく駅からも遠いので行って帰ってくるだけで半日かかるということがわかってやめました。ここは自動車で行かれることを強くお勧めします。

車内で持ってきたガルパンのOSTを流しながらのんびり向かいます。この音楽だからあの場面だ、など3人でワイワイ言いながら向かうの面白い。

カーナビを使っているのになぜか道に迷うという謎行動を起こしながらも、なんとか旧上岡小学校に到着。(「旧上岡小学校」で検索しても出なかったので最寄り駅の常陸大子駅までナビしてもらい、そこからスマホの地図で探した結果迷いました)

ここ大子町は、大洗と比較すると朝晩の気温が10℃くらい違うそうです。つまり今朝寒い寒い言ってたのがこちらだともっと寒いということになります。ひええ… _DSC2001 劇場版でみた風景だ!劇場版ではみほ達の一時転校先となった山の上の古い学校。 _DSC2006 グラウンド、古い木造の校舎。ノスタルジーにあふれています。 _DSC2017 旧上岡小学校について軽くご説明すると、ここはかつての公立小学校で、1879年4月20日に創立され、2001年3月31日に廃校となりました。学校の廃止で役目を終えた木造旧校舎は地元有志が組織した「上岡小跡地保存の会」により維持管理され、地域住民の陶芸や絵画教室等に活用されているほか、テレビドラマ・映画などの撮影にも使用されており、建物3点が国の登録有形文化財に登録されています。窓ガラスは全部昔のガラスで、学校の備品もそのまま残されています。(byWiki)

備品もそのままということで、廃校となった学校には一見見えません。その当時の姿のまま現在まで保存されてきたのは、なによりも保存会の皆様のおかげですね。

本校舎は確かにガルパンの聖地ですが、同時に他のドラマや映画の聖地にもなっています。あくまで、地元の人々の好意によりここを見学させていただいているという気持ちを大切にしたいものです。

なお、校舎内を見学できるのは土・日・祝日のみで、平日は見学できませんので注意が必要です。 _DSC2109 学校入口からみて右手奥に風紀委員がいたウサギ小屋があります。影になっているところには雪が残っています。数週間前に大洗で大雪というニュースを見ましたが、こちらのほうもかなり雪が積もったようです。 _DSC2019 校舎の左手奥には寄せ書き?のようなものが。なお寄せ書きは教室の黒板にも書かれていました。

早速中に入ってみましょう。 _DSC2104 部屋の配置はこのようになっています。 _DSC2027 入口を入ってすぐ前に見えるのが、講堂や多目的室に続く階段です。劇場版ではスーパーギャラクシーがやってくるのをみた大洗メンバーが駆け下りていきますが、実際はかなり床板が薄く、走って昇り降りしようものなら穴があきそうです…。階段の両側には生徒の似顔絵が飾られています。 _DSC2028 コンピュータ室。さすがにコンピュータは廃校時に持っていったようです。 _DSC2032 コンピュータ室の後ろには、大子町のフォトコンテストで入賞した作品が飾られていました。右奥の展示で知ったのですが、この場所はテレビドラマ版「この世界の片隅に」でロケに使われたようです。私はアニメ版しか知りませんでした。 _DSC2035 職員室前の廊下。当然ですが床も壁もすべて木造です。こういう直線に長い廊下をみると走りたくなります。 _DSC2071 職員室です。一番窓側が校長先生の席、その左手前が教頭先生の席です。保存会のスタッフの方から色々お話を伺いました(もちろんガルパンのことも)。香川から来たことを伝えると、香川からは初めてだそうです。 _DSC2038 校長室の机。会長が座っているのが見える。 _DSC2040 生徒会の3人がこの部屋に居たのかと思うと感動… _DSC2045 風紀委員の3人が寝ていた放送室。ここで寝るのはちょっと狭すぎる。 _DSC2055 ガルパンとは無関係ですが、缶バッジを売っていたので購入しました。 _DSC2058 校長先生の机に置いてあった鉄琴のようなもの。校内放送をする時に使うらしいです(ピンポンパンポーンのアレ)。音が気に入って何度も鳴らしてました。 _DSC2061 _DSC2065 スタッフの方が本当に親切なお人で、なんと飲み物と肉まん、それにソーセージをいただきました。圧倒的感謝…!

お話を伺うと、この方もこの場所で行われた映画のロケに参加されたとのこと。昔からずっとある学校なだけに思い入れも大変強いのではないでしょうか。しばらく先生方の席に座ってゆっくりしてました。

階段を登って上の階へ移動。 _DSC2080 _DSC2083 講堂。かなり広く、大勢が入れるだけの空間があります。壇上とそこに登るための階段が懐かしい。 _DSC2089 _DSC2078 地図では多目的室となっていますが、音楽室のようです。本当に保存状態がよく綺麗です。なお前の黒板にはたくさんのメーセージが書かれています。

これにて旧上岡小学校の散策が終了。

うまく言えませんが、なにか懐かしい気持ちになりました。ここを訪れると、ふと昔を思い出すようなことがあるかもしれません。ガルパンの聖地だからというだけでなく、そういう意味でも私にとって大変お気に入りの場所になりました。

屋内に飾ってあった写真をみるとどうやら桜が有名な場所のようで、春になったらまた来てみたいです。

今回は時間の関係で寄ることができませんでしたが、この付近には温泉があり、さらに名物の軍鶏料理も道の駅などで食べられるみたいです。

ガルパンかつを食す

昼食は水戸にあるお店「Cook Fan」でとる予定。しかし、旧上岡小学校の散策が終了した次点で時間は13時前。Cook Fanの昼の部のラストオーダーは14時30分。居心地が良すぎて昼食のことが頭から抜けてました。温泉に浸かりたかったのですが寄り道せずまっすぐ向かいます。

_DSC2120 やってきましたCook Fan。駅からは少し離れた場所にあるため、バスか車で来るのが良さそうです。というわけで時間もないので早速店内へ。 _DSC2124 _DSC2130 _DSC2134 店内もガルパン一色です。ガルパン関連のグッズの比率すごいな。ラストオーダー前なのでお客さんは少なめでした。

さて、ここCook Fanでは「ガルパンかつ」という、劇中に登場したような、戦車を模した形のとんかつを食べることができます。

ガルパンかつには何種類かあって、一人前の通常版、二人前のリアルバージョン、さらにさらに四人前の超重戦車バージョンPlus 1(完全予約制)から選べます。リアルバージョンが食べたかったのですが売り切れのため通常版を注文。もともと人気店なので売り切れが嫌な場合は予約したほうが確実です。

ちなみにですが肉の量を書くと、

  • ガルパンかつ:120gかつ+90g(だったかな?)メンチ
  • リアルバージョン:450~500かつ+80gコロッケ
  • 重戦車バージョン:1.2㎏かつ+チキンカツ100g+ガルパンかつ

となります。自分にとってはガルパンかつで十分かな…

_DSC2125 やってきましたガルパンかつ。ほんとにアニメ通り戦車の形になってる! _DSC2122 箸袋には会長が。 _DSC2128 とんでもないボリューム。

そして…食べてみて驚きました。旨すぎる

かつが柔らかくて肉汁の量がすごい。脂身も肉も味が濃厚。上にのってるメンチカツも、メンチカツであってメンチカツでないような食感。もう毎日通いたくらい、こんな店が近所にあったらなと思える味でした。大満足! _DSC2260 ガルパンかつを注文した場合、ミニタオルがもらえます。どうやら限定品のようなのでお早めにどうぞ。

大洗シーサイドステーションでガルパンの世界に浸る

水戸から大洗に戻ってきました。そのまま大洗シーサイドステーション(旧:大洗リゾートアウトレット)へ。三連休初日だからなのか、駐車場は車でいっぱいです。 _DSC2179 目的はここの舞台訪問に加え、ガルパンギャラリーとまいわい市場を見て回ることです。 _DSC2148 九五式軽戦車(福田)が1階へ降りるときに使ったエスカレーター。昇り専用で下り用はありません。左の広場には噴水があったはずですがなくなっていました。 _DSC2158 一通り見て回ったのでガルパンギャラリーへ。ここでしか手に入らないグッズもあり、大勢のファンでごった返し状態です。昨年8月に仮設店舗から再度移転してきました。

初めて大洗を訪問した際は仮設店舗での営業でしたが、それよりもスペースが大幅に増えており、扱うグッズも幅広くなっていました。 _DSC2159 Tシャツやサイクルジャージも展示されています(非売品) _DSC2164 _DSC2173 まいわい市場では地元の名産品が多く売られています。

私は旅行先で(自分用も含めて)おみやげを買わないようにしてるんですが、今日は特別。作中でも登場した大洗の干し芋をここで大量購入しました。あとあんこう鍋セットも興味があったので購入。帰って食べるのが楽しみ。 _DSC2177 まいわい市場にはアリクイさんチームのパネルがあります。

この後、「劇場版も含め、劇中でIV号戦車が走ったのと同じ道をレンタカーで走行する」という体験をして3人ですごく盛り上がりました。興奮MAXだったのは大洗町役場前に停車したとき。さながら実際に戦車に乗っているような感覚に陥ってしまいました…。

潮騒の湯でまったり

一日中移動に次ぐ移動をしてきたので、最後に温泉「潮騒の湯」に入って疲れをとります。

ここは劇場版のエキシビションマッチで熱い戦いを繰り広げたあと、戦車道チームの各員が訪れた温泉施設となります。登場したのは当然女湯のほうですが、男湯のほうも造りは同じみたいです。大洗シーサイドステーションから潮騒の湯まではかなりの距離がありますが、レンタカーでそのまま移動しているので楽です。ずっと運転してくれたY君には感謝しかない。

_DSC2188 混み具合はというと…大混雑でした

ファンの方が多く訪れており、ロッカーがすべて埋まりそうになってました。さらに湯のほうはともかく、洗い場が埋まっているので待つしかないという状況。。ただ回転率は良かったのですぐに入ることができました。ちなみに、ここは10:00~23:00とかなり遅い時間まで営業しているほか、レストランもありますので疲れを癒やすにはもってこいの場所です。

中は内湯が2つに加えて露天風呂があり、特に後者は太平洋を見ながら入れるのでロケーションは非常に良いです。 _DSC2196 アリクイさんチームが遊んでたゲームコーナー。 _DSC2201 もちろんグッズも売っています。黒森峰女学園のタオルが人気。

宿へ帰還、夕食

潮騒の湯をでたところちょうど雨が降っていました。日中降らなくて助かりましたが、明日の天気が心配です。水戸でレンタカーを返却してから宿へ帰還。 _DSC2208 _DSC2210 部屋に戻るとタペストリーが変わっていました。どうやら一日ごとに変えてくれるようです。これは嬉しい!

今晩の夕食

昨日に引き続いて今晩の夕食も魚介類中心ではありますが、肉料理が盛り込まれています。 _DSC2214 カニ鍋。予想以上に美味しい。カニ食べたの半年ぶりくらいだぞ。 _DSC2216 お刺身は色彩豊かで、見ているだけでも満足できる料理だと思います。もちろん味も濃厚ですぞ _DSC2217 _DSC2219 この肉がもう…柔らかくてひと噛みするたびに笑いが出てくる旨さ。なぜこんな味を実現できるのだろう。 _DSC2225 _DSC2227 _DSC2233 最後のお汁まで全部いただきました。ごちそうさまです!

舞台訪問して美味しいもの食べるって本当に最高の体験だと思います。

Part3(三日目&四日目)に続きます↓