OFFTAMA

ゆるふわアウトドアとか舞台訪問とか

top

山梨をグラベルロードで走ってきた (@山梨県)

_DSC8670 11月の3連休を利用して、自転車で山梨を走ってきました。

【訪問日:2018年11月23日~25日】

はじめに

今回のライドをすることに決めたのは、先月の10月11日にゆるキャン△の7巻が発売されたことがきっかけです。

この7巻では、今までに登場してきたような「キャンプ場」とは別に、山梨県の観光名所やお店が数多く登場しており、発売日にKindleで購入して以来ずっと訪れてみたいと思っていました。

ただし、その舞台となる場所の多くは少しアクセスが悪く、遠方から訪問するにはレンタカーなどを調達する必要がありました。

そこで目をつけたのが、自転車を持ち込んで自走しながら各所を回るという方法。自転車ならば輪行で遠距離移動もしやすいですし、今回のような山奥の道も走ることができます。

f:id:offtama:20181128211337p:plain

f:id:offtama:20181128211334p:plain

7巻にも輪行についての記載があります。

というわけで輪行+自走で山梨ライドをすることが決まったので、早速行程を組んでみました。結論から言うと、当初の予定通りトラブルもなく走ることができました。

  • 1日目:身延~身延山~赤沢宿
  • 2日目:赤沢宿~奈良田湖~雨畑湖~下部温泉
  • 3日目:下部温泉~本栖湖~富士宮~富士

メインの目的は7巻に登場した場所の舞台訪問ですが、それは1日目と2日目で終了。3日目は単純に富士山を見ながら走りたいということで行程に加えました。

1日目:身延の地に降り立つ

時間短縮のため静岡までは新幹線に乗り、静岡からは特急で身延駅まで輪行します。

新幹線で自転車輪行をする際は、自転車を置く場所が「各車両の最後列席の後ろのスペース」しかないため、必然的に最後列の席を押さえられるかが肝になってきます。もちろんそれ以外の席に座るのもいいですが、このスペースにしか実質置くことができないため最後列の席に座るのが無難。

平日・休日に関わらず、自由席だと最後列の席に100%座れるとは限らないので、EX予約を活用することになりました。

_DSC8665

_DSC8670

_DSC8673

10時前に身延駅に到着。輪行解除して走る準備をします。

冬の寒い中の宿泊ライドということで、他の季節と比べると荷物は多少多めになってしまいます。特に防寒着が結構スペースをとってしまうので難儀しました。

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレート

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレート

「APIDURAのサドルバッグでは大きすぎる」という場合にはこのORTLIEBのサドルバッグLを持っていくことが多いのですが、宿泊ライドとなるとこれだと少々容量が足りないと分かりました。ただ、このORTLIEBのサドルバッグはAPIDURAのものと違い、サドルにアタッチメントでがっちり固定できるので安定感があります。ダンシングしても左右に振られることがありません。

次にレンズについて。

今回は舞台訪問の関係上、カット合わせのためにカメラのレンズを2本持っていきました。これにより、ただでさえ小さいORTLIEBのサドルバッグ内をさらに圧迫するという事態に。

こういった荷物量に制限がある旅行では、1本で広い範囲をカバーできる便利ズームが便利です。今後は購入を真面目に検討することにしました。

TAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD ニコン用 フルサイズ対応 A010N

TAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD ニコン用 フルサイズ対応 A010N

ただ、広角端が足りないことが多いので、やはり標準ズームとは別に広角レンズも必要になってきます。なかなか難しい。

7巻の舞台訪問

7巻山梨編(リンちゃんが回ったとこ)の舞台訪問については別記事にまとめました。

身延山に上る

1日目は時間の都合上、身延駅からいきなり宿泊地の赤沢宿まで自走する予定でしたが、予定よりも1本早い特急に乗れたため、せっかくなので身延山に参拝することにしました。

身延山は5巻で千明とイヌ子たちが初日の出を見に来た場所として登場しています。

身延駅から向かう場合は、R804沿いに5kmほど走れば到着します。

_DSC8761

_DSC8758

_DSC8757

_DSC8679

三連休だけあって参拝客も多く、駐車場は常時満車という状況。

ちなみにですが、久遠寺三門から駐車場までの上りが斜度でいうと15%~20%もあって、さすがに押して歩きました。

f:id:offtama:20181128214058p:plain _DSC8684

f:id:offtama:20181128214055p:plain _DSC8690

f:id:offtama:20181128214052p:plain _DSC8734

山頂駅から見ると向かって右側が上り、左側のロープウェイが下りとなっています。作中では上ってきたところのカットなのでロープウェイが右側にありますが、今回は混雑のため全く同一の状況では撮影できませんでした。

f:id:offtama:20181128214049p:plain _DSC8694

f:id:offtama:20181128214044p:plain _DSC8696

_DSC8697

山頂駅の売店では作中と同じように串団子を食べることができます。もっちりしていて結構ボリュームがありました(¥350)

購入すると受付の方が「苦死を切って幸運を願います」のくだりをやってくれます。

_DSC8691

ゆるキャン△推しが半端ない件。

今日はゆるキャン△の舞台訪問目的でここを訪れた人も少なくないようで、結構な人数がここで写真を撮っていました。

あ、串団子を食べることができるのは売店付近だけで、奥之院周辺では食べ歩きはご遠慮くださいとの注意書きがありました。

f:id:offtama:20181202183556p:plain _DSC8724

f:id:offtama:20181202185330p:plain _DSC8722

f:id:offtama:20181202183553p:plain _DSC8732

f:id:offtama:20181202183549p:plain _DSC8710

f:id:offtama:20181202183547p:plain _DSC8727

_DSC8699

_DSC8719

身延山から眺める富士山。

この日はこれ以上ないくらい快晴で、雲ひとつない中最高の展望を味わうことができました。

_DSC8735

一行が初日の出を待っていた展望台付近には手すりがあり、当然ながら外側には行くことができないため、作中と同じカットは撮影不可となります。

_DSC8709

_DSC8705

_DSC8740

奥之院参拝の後は北側の展望台に行って南アルプスを眺めたりした後、下山。

相変わらず超混雑している駐車場を後にして、本日の宿泊地である赤沢宿へ向かうことにします。

赤沢宿への道のり

身延山から赤沢宿へは直線距離で言うとそこまで大したことはありませんが、道的にはぐるっと遠回りして行くしかありません。R52~R37の順に大きな国道沿いに走ることになります。

_DSC8765

R37に入ってからは交通量も少なくなり、川沿いに走る道に変わります。ただ工事のダンプカーが結構なスピードで脇を走ってくるためかなり怖い思いをしました。

_DSC8768

_DSC8773

_DSC8776

七面山口郵便局付近まで走ったら、あとは分岐を左に曲がって赤沢宿までひだすら上るだけ。

しかしこの上りが思いのほかキツかった。

普通のロードバイクだとそこまでという感じなのでしょうが、今回のように宿泊装備一式+38cタイヤ、それにエンジン(私)の貧脚っぷりが相まってなかなかに疲れました。軽いギアで回しても斜度がきつすぎるため解決策にならず、「脚を休めるダイシングもどき」を多用してなんとか赤沢宿に到着。

_DSC8778

今回お世話になった宿は大阪屋というゲストハウスです。公式HP→大阪屋

2日目の奈良田湖への移動を考え、1日目の宿はここ赤沢宿にとりました。身延周辺は下部温泉を除けば宿がそこまで多いとは言えないため、必然的に宿泊地を十分吟味する必要があります。

大阪屋は古民家を改装したゲストハウスで、まるでタイムスリップをしたような、ゆっくりとした時の流れを味わうことができます。

ただし赤沢宿自体に食事ができるお店が少ないため、予めセルバみのぶ店などで食材を購入してから訪問することをおすすめします。通常のゲストハウス同様に調理器具は一式揃っているので、調理に関しては問題ありません。

_DSC8789

_DSC8795

_DSC8848

赤沢宿での散策を済ませた後、大阪屋でゆっくり休むことにしました。

_DSC8853

_DSC8858

大阪屋での宿泊は個室+布団というスタイルなので非常にゆったりとくつろぐことができました。通常のゲストハウスだとドミトリーでの利用がほとんどで、プライバシーも何もあったものではないからです。個室スタイルなのでその分料金はちょっとお高め。

あと各部屋にファンヒーターがあるので、冬場の利用も安心。

意外なことに、この日はゆるキャン△の舞台訪問目的と思われる人も数名宿泊していました。ゆるキャン△効果すごいな。

2日目:奈良田湖への極寒ライド

2日目は自分の巡航速度を考えると時間にあまり余裕が無いため、早朝に出発することにしました。

大阪屋には玄関に鍵とかないので、自由な時間に出入りすることができます。つまりチェックアウトの時間はいくらでも早くできるということ。

_DSC8867

それでも日が昇る前から行動するのは気がひけたため、周りが少し明るくなってくる7時頃に出発しました。

_DSC8877

赤沢宿から奈良田湖への道のりは、一言で言うとひたすら上り。下る箇所はほんの数箇所、数十mほどで、あとは全部上りです。

道そのものも山間にあるので、時間の割に気温がなかなか上がらず、かなり寒い思いをしました。具体的な数字でいうとおよそ1℃~3℃くらいの中、ひたすら自転車を漕ぐという形です。

自転車を漕いでいるので身体の中心部分は確かにそこそこ温まっているのですが、問題は末端部。手と足の指先が次第に凍えてきました。一応秋冬用の靴下と手袋を装着してはいたのですが、これは追加で完全冬用のものを買わないといけないですね…。

_DSC8996

_DSC8891

30kmほど走って奈良田湖に到着。

気温は2℃くらい。さっむ。

_DSC8925

_DSC8985

日が当たるところとそうでないところで気温に差がありすぎる。

散策もそこそこに、まずは身体を温めないと話にならないので奈良田の里温泉に入ります。たまたま奈良田湖に到着した時間と、温泉が開く時間のタイムラグがそこまでなかったため、寒い中開くのを待つ心配はなかったのが良かった。

_DSC8991

奈良田湖については作中のようにエメラルドグリーンの湖を期待したのですが、工事中のため水がなく底が丸見えの状態でした。後で調べたら護岸工事のようです。結構長い期間工事されてるようで、水が戻るのは一体いつになるのか…。

_DSC8974

_DSC8961

温泉を満喫した後は「鍵屋」さんでスイーツを楽しみました。かなりの奥地にあるお店だけあってお客さんもそこまで多くなく、古民家の雰囲気を楽しみながらのカフェタイムとなりました。

ちなみにこの奈良田湖まで走ってきたR37をひたすら北上していくと、南アルプスの登山口で有名な広河原や北沢峠に行くことができます。今後行くときは登山装備を背負って、ライドと登山の両方を楽しむのも面白そう。

_DSC9005

続いてやってきたのはR810沿いにある雨畑湖。

奈良田湖からはさっきまで走ってきた道を引き返し、R37からR810への分岐を右に曲がって少し上ると到着します。行きの苦労の分だけ帰りは非常に楽。ボーッとしながら自転車に乗っているだけで進んでくれるので何も苦労するところがありません。

_DSC9010

_DSC9021

_DSC9043

_DSC9079

雨畑湖では吊橋を渡ってみたり、リンちゃんと同じようにヴィラ雨畑の温泉に入ってまったりしたりしました。お客さんは自分以外にほんの数名しかいなかったこともあり、奈良田湖以上にのんびりできました。自転車旅の理想的なスタイルだと思います。

通常のバスや電車による移動とは異なり、自転車での自走なので何かのトラブルで走行不能になることもありえるし、それこそ疲労によって移動ペースがガタ落ちすることも十分に考えられます。ある程度時間に余裕をもって行程を組んでおけば気持ちにも余裕が生まれますね。今回は途中でちょっと昼寝をしても大丈夫なように2時間ほど自由時間を作っておきました。

_DSC9080

それにしても今回使ってみた38cのタイヤ、これが思った以上に全然転がってくれなくて上りでは辛い思いをしました。ただ「舗装路がメインなら細いタイヤで十分」かと言われるとそうでもなく、例えば身延~奈良田湖区間は道路状況がひどく、随所に陥没した箇所があったり、落ち葉が敷き詰められていたりしました。そういう場所を走るのなら気持ち太めのタイヤのほうが安心できます。ただ、38cは少し太すぎたかな。ツーリング目的なら32cとかで十分な気がします。

_DSC9084

_DSC9096

_DSC9093

_DSC9106

そこからは1日目に走った道を逆走して身延市街まで戻ってきました。

ゆるキャン△勢御用達(?)のセルバみのぶ店で明日の朝食を買い、今日の宿泊地である下部温泉郷に向かいます。色々買い込んでもいいんですが、いかんせんサドルバッグが小さいので物が全然入りません。このときの状況だとパンを3つ入れるので精一杯でした。

宿に着いて荷物をおろしてから再度コンビニとかまで走るのも面倒なので、これで我慢します。

いやー、それにしても布団が気持ちよすぎる。

自走ばっかりで疲れているので余計に心地よく感じる。例えばこれがキャンプライドで、連日テント泊とかだと絶対疲労が回復しないまま走ることになってそうな気がします。いずれキャンプライドもしてみたいと思ってるだけに、ちょっとずつ慣らしていく必要があるようです。(テント泊→宿→テント泊とか)

3日目:本栖みちヒルクライム

温泉に入ってぐっすり休めたことで体力は全回復。ゆるキャン△7巻のカット回収も、昨日までに予定したところは全て回ることができたので気が楽でした。

今日はまず下部温泉から本栖湖まで本栖みちを上り、あとは富士まで自走して帰るだけとなります。というわけで早速出発。

_DSC9109

遠くに見えるのは本栖高校のモデルになった旧下部小学校・中学校。現在は廃校になっています。

ゆるキャン△関連のイベントはここで行われることが多く、11月のはじめには秘密結社ブランケット音楽祭が行われました。

そしてそして、今年のクリスマスにはここでクリキャン△が開催されるそうです。詳細は公式から後日発表とのこと。ゆるキャン△のイベントにはまだ一回も行けていないので是非参加してみたいところです。

_DSC9111

さて、本栖みちヒルクライムについてちょっと書きたいと思います。

本栖みち自体は、九十九折が始まるまではそこまで傾斜がきつくないのですが、逆に言うとそこからがかなり脚にクる上りとなります。注意しないといけないのが自動車。この道は普通に交通量が多く、九十九折付近ではお互いを視認しづらいため事故に気をつける必要があります。

_DSC9114

_DSC9125

_DSC9123

_DSC9127

斜度に関してはそこまで高くなく、8~10%くらいという感じです。個人的には寒霞渓南ルートと同じくらい。ただ今回の場合は荷物が重い上、タイヤが太いので寒霞渓より1.5倍ほど疲れました。

朝方の滅茶苦茶寒い時間帯というのに汗が出まくって風邪を引きそうになるし、ペース配分にはもっと気を使うべきだなと…。

ところで。

自分で走ってみて気づきましたが、リンちゃんやなでしこの脚力は異常です(汗)

ただでさえ斜度が厳しいのに、ミニベロで、しかもキャンプ道具を満載してあの坂を上り切るとか…。なでしこは中学生のときに、夏休みに毎日浜名湖を自転車で一周していたので体力がある設定はまだ分からなくもないのですが、リンちゃんはどうなってんの。

_DSC9214

_DSC9197

f:id:offtama:20181203223627j:plain

f:id:offtama:20181203223623j:plain

こんなに厚着してたら汗ダラッダラになりそう。

実際、私は途中から暑すぎてインナー+サイクルジャージだけで走ってました。

_DSC9210

ひたすら上りに上って本栖湖に到着。

想像よりも混雑はしていましたが、滅茶苦茶混んでいるというわけではなかったです。

これは対岸から撮った写真ですが、テントサイトを見ても空きがありますね。3連休最後の日なので、今日キャンプをする人はやはり少ないようです。

_DSC9177

_DSC9208

それにしても天気が良すぎる。

まさか3日連続でこれほど天気がいいとは思ってませんでした。何より富士山がちゃんと見えるというのがかなり嬉しいです。せっかく辛い思いをしながらヒルクライムをしてきたのに、ガスってて富士山が見えないとなれば達成感も半減しちゃいますし。

_DSC9163

今日はキャンプをしに来たわけではないので当然ながらキャンプ場内に入るということはせず、受付周辺を散策したり、展望スペースで富士山を眺めたりしてました。

_DSC9218

_DSC9221

_DSC9226

_DSC9233

その後は本栖湖を後にし、道の駅朝霧高原やまかいの牧場を散策。本栖湖から南に向かう場合はすべて下り坂となり、左手に富士山を眺めながらのライドが楽しめます。スピードの出しすぎにさえ注意すればこれ以上ないくらい快適。

このルートでは自転車には数台しか会わなかったため、ペースなどを気にすることなく気持ちよく走ることができました。

_DSC9279

_DSC9288

_DSC9298

富士宮まで下ったあとはなでしこが訪れた浅間大社の散策と、しぐれ焼きが有名な伊東さんで夕食をとりました。このあたりの舞台訪問については別に記事を書く予定です。

浅間大社には駐輪場がなく、警備員っぽい人に聞いても「公園内ならどこでも停めていいよ」と言われるばかりで特に指定場所はないようです。とはいえあまりにも目立ちすぎるのはアレなので端っこのほうに停めました。

浅間大社も例によって人が多いものの雰囲気はよく、さらに今日は結婚式も中でやってたりと賑やかな雰囲気。結局ゆっくりしすぎて、富士山がガスってはっきりと視認できない時間までここで昼寝散策してました。

あとは富士駅まで自走して輪行+フェリーで帰宅。

おわりに

なかなか長距離の輪行+自走の旅行になりましたが、天気もよく予定通りの場所を走れたということで大成功だといえます。以前アニメ版の舞台訪問で身延を訪れた際は、まさかいずれ自転車でここを走ることになるなんて夢にも思ってなかったのに。

今回の遠征で新幹線輪行、自走+宿泊、さらに冬ライドと、色々経験を積むことができたので今後に活かしたいと思います。