OFFTAMA

ゆるふわアウトドアとか舞台訪問とか

top

【ゾンビランドサガ】佐賀をゆるポタしてきた Part 3/3 (佐賀~唐津)

_DSC1078

グラベルロードでゾンビランドサガの舞台訪問をしてきました。今回は最終日の佐賀&唐津散策編になります。

【訪問日:2019年2月15日~17日】

佐賀散策

グッドモーニングアゲインSAGA。

f:id:offtama:20190219203015j:plain

今日の天気は晴れ。初日が雨でそこから徐々に晴れてくる天気とか、もう完全にゾンビランドサガっぽい。3日とも晴れより好きかもしれない。

さて、今日は佐賀を散策した後に唐津へ移動し、帰る時間までのんびりします。

656広場

f:id:offtama:20190221184910j:plain _DSC1013

_DSC1020

まず最初に訪れたのは、8話で登場した656(むつごろう)広場。有明海のシンボルの名を冠した広場で、さまざまなイベントの実施会場として利用されているそうです。

佐賀駅と佐賀城の間に位置しているため、駅から歩いて簡単にアクセスが可能です。ただし前述の通りイベント会場になっているほか、繁華街にあるので訪れるのは早朝がいいと思います。

8話でガチ泣きした自分にとってはかなり特別な場所。

f:id:offtama:20190221190818j:plain

リリィちゃん…。

なお、この場所で写真を撮っていたら清掃のおじさんに「写真撮ってるけどここでイベントでもあるんです?」と話しかけられたのは秘密。一応ゾンビランドサガについて説明しておきました。

佐賀城

お次は656広場から1kmほど離れたところにある佐賀城にやって来ました。

f:id:offtama:20190221184923j:plain _DSC1030

f:id:offtama:20190221184919j:plain _DSC1038

f:id:offtama:20190221184916j:plain _DSC1040

_DSC1044

_DSC1045

2話のデス娘ふれあいライブ(ラップバトル)の会場です。

正確に言うとラップバトルが行われたのは「佐賀県立佐賀城本丸歴史館」の大広間で、当日は佐賀城本丸ひなまつりの一環で、周辺の小学生がつくったお雛様の展示が行われていました。

_DSC1057

展示品も見応えがあり、日本の近代化に貢献した幕末維新期の佐賀の紹介が詳細に行われています。

実際に訪れてみてこんな厳かな場所でラップバトルしたのかよ感がすごかった。この日は日曜日で快晴だったこともあり、館内は家族連れで賑わっていました。

f:id:offtama:20190221193104j:plain
『だからゾンビ隠せよぉぉぉぉ!全然ゾンビ隠す気ないやん!アイドル首取れんやろ?どっから見ても人間だと?どこに首取れる人間がおると?頭腐っとるんかバカゾンビィィィ!』

この顔ほんとすき。

なお、館内には話し好きなボランティアの老人の方が大勢いらっしゃり、隙があれば色々話しかけてくるので面白かったです。

f:id:offtama:20190221184913j:plain _DSC1062

あと、EDに登場するマンホールも街中で確認しました。むつごろうは佐賀市のシンボルキャラ的な立ち位置なんでしょうかね。

鍋島を買う

もう一つ、佐賀を訪れた際に忘れてはならないのが、日本酒「鍋島」を買うこと。

f:id:offtama:20190221193804j:plain

10話と11話のアイキャッチで登場した佐賀のお酒、鍋島。日本酒好きな自分としては、サガライドをした際に現地で購入すると予め心に決めていました。鍋島は佐賀県鹿島市でつくられているお酒で、日本酒ランキングでも上位にいるほど全国的に有名です。

鍋島は許可をもらった店舗でしか販売されておらず、佐賀駅構内のお土産品店に行っても置いていませんでした。そこでお店の方に売っている場所を教えてもらったところ、佐賀駅の南口をでて西へ行ったところにある「しめなわ」というお店が、佐賀駅から最も近いとのこと。

早速行ってみます。

_DSC1065

鍋島は何種類も存在し、特にランクが高いものについては画像の通り1800mlで一万円以上します。日本酒の値段はよく分からないのですが、これはかなり良いものではないかと…。(いつも四合瓶しか買わない)

nabeshima.biz

今回は一本だけ高いものを買うことはせず、お店の方と相談しながら他の銘柄とあわせて合計3本買いました。

これについては帰ってから飲みます。楽しみ!

遠征したときは現地の日本酒を必ず買うようにしているんですが、やはり堪えられませんな、これは。

唐津ゆるポタ

鍋島を買って大満足の私はそのまま輪行で唐津に向かったのである。

佐賀~唐津間は電車を使うと1時間ほどで行き来できますが、本数はそれほど多くありません。

_DSC1067

昨日は結構バタバタしてたので、今日はゆっくり唐津を散策することにします。

館へ

初っ端に向かったのは、フランシュシュの館こと唐津市歴史民俗資料館

_DSC1088

_DSC1078

f:id:offtama:20190221200520j:plain _DSC1076

f:id:offtama:20190221200523j:plain _DSC1073

_DSC1070

_DSC1083

_DSC1095

そのまんまじゃないですか…!!

この中でフランシュシュが生活していると思うと興奮するなこれ。

というわけでファンなら誰もが中に入ってみたいと思うところなのですが、現在は一般公開はされていないようです。入れたのは去年に一度だけ特別に一般公開日があったのと、あとは昨日のZLSバスツアーくらいかな。いつの日か公開されると嬉しいです。

昨日のバスツアーの賑わいっぷりとは逆に、今日は自分の他に誰もおらず、ゆっくりと見て回ることができました。

ちなみに建物の背面については、右側面を塀伝いに歩いていくとかろうじて見えます。

西の浜

フランシュシュの館を後にして、海沿いを軽く流して到着したのは西の浜

6話で純子とさくらが昭和のアイドルの話をしていた場所ですね。

f:id:offtama:20190221202151j:plain _DSC1105

f:id:offtama:20190221202139j:plain _DSC1101

f:id:offtama:20190221202148j:plain _DSC1102

ちなみに奥に見えるのは、2話のラップバトルでサキちゃんが「マジで宝当神社までぶっ飛ばす」と言っていた宝当神社がある高島です。唐津から定期船で行けるので、今度の訪問時には行ってみたいと思います。

_DSC1109

しっかり私も昭和のアイドルになりきってきましたよ。でも、波が打ち寄せる短時間でこれを書くのはちょっと至難の業でした。

_DSC1114

西の浜周辺にも松原が広がっており、その中に道っぽいものがあるのですが、グラベルロードだと非常に走りやすくて面白い。当たり前ですが、グラベルロードは舗装路よりも未舗装路が合いますね。

唐津城

時刻も昼を過ぎており、佐賀に滞在する時間が少なくなってきています。悲しい。

最後に訪れたのは西の浜の隣りにある唐津城です。

f:id:offtama:20190221203150j:plain _DSC1117

f:id:offtama:20190221203142j:plain _DSC1131

唐津城は現在石垣の修復工事を行っていますが、12話のアイキャッチで登場したカットっぽい写真は撮影可能です。

_DSC1123

_DSC1124

なんといっても素晴らしいのがこの眺め!

唐津の町並みが一望できるほか、鏡山もしっかり確認することができます。そして唐津湾の青さもしっかり堪能できるという、最終日にふさわしい最高の場所ですな。

_DSC1139

_DSC1141

_DSC1135

あと、唐津城付近にはお触りOKなネコチャンが多く、心を癒やされます。

また、ここはお城の周りを海沿いにぐるっと一周できるので、散歩するのにもちょうどいい場所だと思います。すぐそこにお城がある生活ってなんか良いですね。

唐津駅前

あとは唐津駅前まで自走し、3話でゲリラライブをした場所を散策しました。

アニメだと結構広い場所のように描かれてはいるものの、実際にはちょっと狭いです。7人で歌って踊るのは相当厳しい感じ。

f:id:offtama:20190221204414j:plain _DSC0447

f:id:offtama:20190221204411j:plain _DSC0934

f:id:offtama:20190221204407j:plain _DSC0941

f:id:offtama:20190221204403j:plain _DSC1147

ここも駅前なので結構人が多いほか、バスの発着も頻度が高いので撮影の際は気をつけたほうが良いかも。

そして最後までしっかりゾンビランドサガ成分を補給したあと、電車で帰りました。

おわりに

_DSC1153

いやーもうね…こんなにサガライドが面白いとは思わなかった。

いやゾンビランドサガの舞台訪問をするんだから楽しいのはわかってたんだけど、想像した以上の興奮と楽しさがありました。佐賀の特産品も温泉もしっかり堪能できたし、今回佐賀を訪れてよかったと心から思いました。

間違いなく2期はある(あるよね?)上、何より佐賀が好きになったのでまた訪れたいと思います。楽しかった!