OFFTAMA

ゆるふわアウトドアとか舞台訪問とか

冬の雲仙温泉~天草ヒルクライム (@長崎県雲仙市、熊本県天草市)

ちょっと九州でヒルクライムしてきました。

【訪問日:2020年3月14日~16日】

フェリーで島原半島へ

最近では比較的気温が高い日が続いており、もうすぐで春…かと思いきや、ここにきてまた寒くなってきてライド時の服装に悩むようになりました。

今回の遠征先は九州です。

何気に九州はまだまだ走っていない、というか訪れたことがない場所が多く、自転車関係なしにいつか行きたいと思ってました。特に長崎や熊本の西方面は前回の阿蘇ライドのときに行くことができなかったため、虎視眈々と訪問する機会を伺っていました。

例によって天気予報を確認したところ、どうやら今週末は九州の天気がいいということで、よし九州行くかのノリで早速行くことに。

f:id:offtama:20200510003353j:plain

名古屋空港からだと熊本空港までFDA一本で行くことができるので、輪行する上で非常に便利です。FDAの輪行ボックスはすでに何回か利用していますが、袋のまま預けるよりは格段に安心できますし、何より自転車以外の荷物もぽいぽいって入れてしまうだけでいいのでとってもお手軽。

こういうサービスは積極的に利用していきたいですね。

f:id:offtama:20200510003418j:plain

天気予報とにらめっこしながら今回の行程をちょっと考えたところ、まず島原半島へフェリーで向かい、そのまま左回りで有明海をぐるっと回るような感じで熊本県まで走るルートになりました。

というわけで今回の出発地点は、ここ熊本港の高速カーフェリー乗り場となります。

熊本港~島原外港間はフェリーが運行しており、「高速カーフェリー」の名の通り、車やバイクも載せられる上に短時間で移動することが可能です。

f:id:offtama:20200510003422j:plain

この高速カーフェリー「オーシャンアロー」は、熊本港と島原外港の間(21km)を約30分でつないでおり、まさに熊本から長崎へ向かう交通手段としては、これはもう使うしかないという感じ。ちなみに島原外港のすぐ横に島原鉄道の駅(島原港駅)があり、これに乗ると長崎中心部へも行きやすいです。

逆に、フェリーを使わない場合は有明海をぐるっと回り込まないといけないので、このあたりは海路が発達しているのもうなずけます。

www.kumamotoferry.co.jp

f:id:offtama:20200510003447j:plain

自転車に関しては、このように丁寧にラッシングしてもらえるので安心できます。

f:id:offtama:20200510003426j:plain

(誰もいないロビーでひっそりと佇んでいてマジでびびった)

f:id:offtama:20200510003430j:plain

f:id:offtama:20200510003434j:plain

f:id:offtama:20200510003442j:plain

あとは30分ほど乗ってれば自動的に島原半島に着きます。

フェリーの中には売店があるので、始発便に乗ってお腹が空いた、という場合でも大丈夫です。温かいコーヒーを飲みながら海を眺めるひとときは何物にも代えがたい。

f:id:offtama:20200510003451j:plain

f:id:offtama:20200510003458j:plain

島原半島に到着した時点では軽く雨が降ってましたが、山の方に向かうにつれて徐々に晴れてきました。

山の方、と書いた通り、ここからはヒルクライムをすることになります。普通に海沿いを走って天草方面に行くだけではちょっと物足りないのに加え、午前中は下界の天気がよくない感じがしたため、天草へ向かう前に寄り道をしようというわけです。

f:id:offtama:20200510003455j:plain

島原外港からR57をひたすら西へ向かっていくと、雲仙岳(平成新山)が姿を現してきました。

雲仙岳といえば温泉…ということで、今回最初の目的地は雲仙温泉、そして雲仙で温泉に入ってまったりするのが目標です。これも結構突発的に決めた部分があって、フェリーに乗りつつほぼリアルタイムでSCWを開きながら、どこをどう走ると天気がよさげなのかを考えつつ行程を考えました。

いつものライドスタイルからすると忙しない感じかもしれませんが、逆に言うとそれほど天気がよくないコンディションでも行き先を決めるのに役立つスキルなんじゃないかなと思います。天気予報では晴れマークが付いていても、実際の天気がいつも晴れているとは限らないわけで、行程はその都度変更するという手段もありだと思いました。

話を戻すと、雲仙温泉街の標高は約700mなので、今回の出発地点からだと海抜0mから700m↑のヒルクライムになります。スタート時点からだと標高差が激しく、つまり気温の差もかなり大きいため、ヒルクライムを終えた途端に寒すぎて風邪を引くということにもなりかねません。体を冷やす前に温泉に入りたいところです。

f:id:offtama:20200510003505j:plain

f:id:offtama:20200510003519j:plain

汗だくになりながら雲仙温泉街に到着。

汗が冷やされたせいかあまりにも寒すぎて、あれこれ考える前に温泉に入りたい…という思いで頭の中がいっぱいになったので、散策の前にまずは温泉に突入しに行きました。

f:id:offtama:20200510003509j:plain

f:id:offtama:20200510003514j:plain

いやー生き返った…!

身体の芯まで温まった途端に眠くなったりしましたが、とにかく体温が回復したので残りの行程も大丈夫そうです。

雲仙温泉街には日帰りで温泉に入ることができる場所がたくさんありますが、比較的安価で入ることができる共同浴場ももちろんあります。

www.unzen.org

今回入ったのは、島原側から温泉街に入ってきた際に行きやすい場所にある湯の里温泉共同浴場というところ。¥200で入ることができるのでとってもリーズナブル。湯温も自分にとっては少し熱めくらいでちょうどよく、寒さで凍えているときにはこれ以上ないくらい快適でした。

番台のおじさんと道とか今後の予定とか色々話したあとに、ふと気になったことが一つ。さっきまで熊本にいたせいで実感があまり湧きませんでしたが、もうここは長崎県なんですよね。

f:id:offtama:20200510003527j:plain

長崎といえばカステラ。どこかで休憩がてらカステラを食べられる場所はないものか、とおじさんに聞いてみたりなんかして、最終的に一本丸ごと購入しました。

これがまた非常に美味しい。疲れているときに食べる糖分ほど美味しいものはない気がするけど、無限に食べられそうなくらい甘い。ご当地で有名なものを食べているという実感もあり、なおさら満足度が高い休憩になりました。

f:id:offtama:20200510003535j:plain

f:id:offtama:20200510003544j:plain

f:id:offtama:20200510003555j:plain

f:id:offtama:20200510003540j:plain

f:id:offtama:20200510003608j:plain

f:id:offtama:20200510003612j:plain

ところで雲仙といえば、地獄が有名です。

雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯が雲仙地獄地帯に指定されています。至る所から高温の温泉と噴気が激しく噴出しており、さらに強い硫黄臭がそこら中に漂っており、まさに地獄っぽい風景そのもの。

特に湯けむりが凄まじく、辺りが何も見えなくなるくらい白い煙に巻かれることもあります。まさに雲仙にはエネルギーが満ち溢れていることが分かったし、これだけ放出が凄まじいのだから、そりゃ温泉もあれだけ素晴らしいものになるのも納得。

f:id:offtama:20200510003523j:plain

f:id:offtama:20200510003550j:plain

f:id:offtama:20200510003600j:plain

f:id:offtama:20200510003617j:plain

あと、なぜか雲仙には猫が多いです。

それも人懐っこい猫が多いです。

猫が多いです(大事なので3回言いました)

ここは冬でも暖かいので猫が多いのかな、と思いましたが、考えてみれば地熱のおかげで一年中床暖房みたいなものだし、猫たちにとっては快適そのものではないでしょうか。どの子もモフられることに慣れているみたいで、もっと言うと暖かいせいでお腹を見せて寝ている子が多く、ここは地獄かと思ったが猫天国だったか…と一人で悦に浸ってました。

温泉+猫で癒やされたい方にとっても、雲仙は自信を持っておすすめできますよ!

天草へ

思いがけないところで猫成分をたくさん補給したところで、雲仙を離脱して天草に向かいます。

雲仙周辺は雲仙温泉だけでなく、少し西へ下ったところに小浜温泉という温泉街もあるので、ここらへんで一泊して温泉を満喫するのもいいかもしれませんね。

f:id:offtama:20200510003621j:plain

雲仙から天草に向かうには、島原半島の南端にある口之津港へ行く必要があります。ルート的には先程走ってきたR57からR389に変わり、これをひたすら下っていけば着くのですが、実はめちゃくちゃ気持ち良い道でした。

下り基調な道なので楽という意味もありますが、高台にある集落を横目に見ながら港へ下っていくルートなので景色もいいです。上りも下りもこちら側の道を使うほうが案外いいかもしれません。

f:id:offtama:20200510003625j:plain

f:id:offtama:20200510003629j:plain

ダウンヒルを満喫して口之津港に到着。

島原半島の口之津港から天草の鬼池港へ向かうフェリーは、1時間に1本程度と本数が多いので、行程に合わせて時間調節することも比較的容易です。今回の走行ルートを左回りにしたのもこれが理由だったりします。

f:id:offtama:20200510003633j:plain

f:id:offtama:20200510003638j:plain

f:id:offtama:20200510003642j:plain

f:id:offtama:20200510003648j:plain

f:id:offtama:20200510003652j:plain

f:id:offtama:20200510003708j:plain

乗船時間は、今朝乗ったオーシャンアローと同じく30分なのですが…そんなことよりも。

この風景の夏っぽさが半端ないと思いませんか?

単に海が見えるからと言うだけでなく、快晴の空や全身で感じる海風の心地よさなど、どれをとっても夏にしか思えません。写真だけ見せて夏に撮りましたって言っても普通に信じてもらえるくらい。

やはりフェリーでの移動は、景色もそうですが感傷に浸るには最高の環境じゃないかなと思います。まだ3月なのに一足早く夏を感じることができるなんて、それもついさっきまで寒くて震えてたとはちょっと信じられない。

たった30分の移動でしたが、これは何回でも乗りたくなるくらい素晴らしい航路でした。

f:id:offtama:20200510003713j:plain

f:id:offtama:20200510003717j:plain

無事に天草に到着。

いきなり天草四郎の銅像が迎えてくれるので、標識や看板がなくても天草に来たということがよく分かります。

倉岳神社ヒルクライム

天草に到着したところで、2つ目の目的地に向けて自転車を走らせました。

今回は時間の関係上断念しましたが、ここ天草はなんといってもキリシタンが有名でして、天草諸島を自転車で一周するということもいつかやってみたいと思ってます。完全に偶然ですが、この日のブラタモリで天草周辺のキリシタンについて触れていたので、なおさら行きたくなりました。

music-book.jp

f:id:offtama:20200510003722j:plain

f:id:offtama:20200510003728j:plain

f:id:offtama:20200510003733j:plain

天草諸島は海沿いに道が走っており、アップダウンもないので気持ちよく流すことができます。午後に入って天気も非常に良くなってきたこともあり、冬はもう終わって春がきたことを強く感じることができました(風が寒くないのは助かる)。

f:id:offtama:20200510003736j:plain

鬼池港から天草市を走り、R266を横に入るとこれから向かうことになる目的地(倉岳)が見えてきました。あの山のてっぺんがそれになります。

f:id:offtama:20200510003740j:plain

今回九州を走っていて、あ、これいいなと思ったことが一つ。すでに田畑に水を張っているところが思いのほか多く、温暖な天気と相まってさながら5月くらいにワープしたかのような錯覚に陥りました。田畑の中をひた走るのも気持ちがいいよね。

f:id:offtama:20200510003745j:plain

ヒルクライムは続くよ。

今回走ったルートは、実は登山道にも指定されており、こんな感じで山の中腹に給水ポイントがありました。ここまで結構汗をかいていたのでこれは非常に助かりました。ここで頭から水をぶっかけてクールダウンしたり、給水することもできます。

倉岳頂上に登るルートは二箇所ありますが、どちらも平均斜度が8%くらいあるので、途中で休めるのはありがたいですね。あ、良い忘れてましたが道幅は狭く、対向車とのすれ違いは非常に困難ですので、特に自転車で行かれる場合は対向車に注意してください。

f:id:offtama:20200510003749j:plain

雲仙と同じく、約700m↑のヒルクライムをして倉岳神社に到着。

ここは自転車登ってきてこそ、達成感を感じることができる場所と個人的には思いました。なぜなら…。

f:id:offtama:20200510003754j:plain

f:id:offtama:20200510003758j:plain

山頂から眺める風景が最高に素敵だからなんですよね。

普通に海沿いを走っているだけでは眺めることができない風景を見ることができるのがヒルクライムの醍醐味の一つでもあるけど、まさかここまで見晴らしが良いところだとは思ってなかった。天気のいい時間帯というのもあるけど、九州本土まで見渡せるなんて…。

f:id:offtama:20200510003802j:plain

この日は平日にも関わらず観光客が多かったけど、自転車をもれなく二度見されるあたり、自転車で来る人は意外にも少ないようです。

f:id:offtama:20200510003806j:plain

f:id:offtama:20200510003811j:plain

もちろん神社にもしっかり参拝しました。

貝殻がお供えされているのが可愛い(?)気がする。海で採れる貝殻を山の上で見る。実に不思議な光景だ。

f:id:offtama:20200510003816j:plain

それにしても本当に凄い。

いつまでも眺めていられるくらい"良い"風景じゃないですかコレ。

遥か向こうに見えている島々(横浦島、御所浦島など)は船でしか行けないわけで、そう考えるとこうして山の上から眺めているだけでも日本はまだまだ広く感じます。行きたい場所が途中で次々と増えていくのも、旅の面白いところの一つだと思いました。

f:id:offtama:20200510003820j:plain

f:id:offtama:20200510003825j:plain

倉岳神社を後にして、この日は松島まで走って一泊しました。

例によって当日の現地で宿を探すという、下手すると野宿待ったなしのプランですが、なんとか一件空きがある宿を見つけることができたので野宿は回避されました。日によってはそもそも営業していない宿が結構多いようです。

海へ続く路

ヒルクライム漬けの一日から一夜明け、この日は最後の目的地まで走って終了となります。

f:id:offtama:20200510003830j:plain

f:id:offtama:20200510003842j:plain

天草五橋(松島橋、前島橋、中の橋、大矢野橋、天門橋)を通り、天草諸島を後にして熊本県三角町へ。

橋の上から眺める風景も「諸島」の名の通り島が多く、それを横目に見ながら走っていく平日の朝。当然ながら他の自転車乗りに出会うこともなく、自分ひとりでこの道を走っているという感覚が好きだったりします。

f:id:offtama:20200510003846j:plain

f:id:offtama:20200510003851j:plain

途中で温泉に入ってまったり(こいついつも温泉入ってるな)しつつ、ひたすら東へ向かって到着したのはここ。

f:id:offtama:20200510003856j:plain

f:id:offtama:20200510003901j:plain

海から現れて海へ消えていく路、長部田海床路です。

見ての通り海面に電柱が並ぶ不思議な光景が広がっており、そのまま進むと異界に行けてしまうような、この世のものとは思えないほど幻想的な場所です。

本来は漁業関係者のための道路であり、なんでもここの海岸は遠浅のため、船を港につけることができなかったので海の上に道を造り、干潮時に沖に停泊した船と港との間とを行き来できるようにしたものだそうです。実際、遥か向こうに漁船が停泊しているのが確認できますね。

この電柱は熊本地震と台風の影響で倒壊していたのですが、2018年7月に復活したとのこと。

f:id:offtama:20200510003905j:plain

道の向こう側には、今回の行程で最初に訪れた雲仙が見えています。

行程の最後の場所で、始まりの場所を眺める。

旅の終わりに訪れるには、これ以上ないくらい最高の場所なんじゃないでしょうか。

f:id:offtama:20200510003910j:plain

f:id:offtama:20200510003928j:plain

f:id:offtama:20200510003932j:plain

当然ながら、この素晴らしい風景は潮汐に影響されますので、訪問の際はそちらを参考にしてから訪れることをおすすめします。今回の場合はたまたま訪問したタイミングでこれだったので、もう運が良すぎるというほかありません。

ライドの思い出に浸りつつ、しばらく海を眺めてから帰路につきました。

おわりに

今回も突発的に決めたライド遠征、そして走行コースも天気任せと、今まで以上に行きあたりばったり感満載だったものの、終わってみれば最初から最後まで素敵な体験ができました。

九州は山も海も楽しめる場所なので、自転車に限らず登山でも楽しみたいと思ってます。また機会を見つけて訪れたいところです。